歯科衛生士とは

歯科衛生士の仕事は
歯科医師のサポートだけではありません。

明るい笑顔に欠かせないのは、健康的で美しい歯です。また昨今の健康への意識の高まりは、むし歯や歯周病にならないようにする予防医学への期待につながっています。そんな今日、歯科衛生士の仕事は、歯科医師をサポートする歯科診療補助だけでなく、歯科予防処置や歯科保健指導など、多岐に広がっています。
時代のニーズに応えるため、本校では口腔疾患予防や、口腔機能向上のための知識と技術も幅広く学習。さらに患者さんが安心して治療を受けられるよう、きめ細やかな気配りや、やさしさあふれるケアも習得。小さな子どもからお年寄りまで、誰からも信頼される歯科衛生士を育成しています。

歯科衛生士の主な仕事

むし歯や歯周病を防ぐための処置を。

歯科予防処置

フッ素を塗布してむし歯を防ぐ予防処置や、バイオフィルム や歯石の除去など、歯やお口の健康を守り、口腔疾患を予防します。
*歯に付着するばい菌の層で、むし歯や歯周病の原因になります。

予防教室やカウンセリングも。

歯科保健指導

歯科医院・病院での歯磨きや栄養指導から、保健所や幼稚園、小学校などでのむし歯の予防教室や栄養指導まで。
子どもからお年寄りまで、口腔に関する衛生教育やカウンセリングを行います。

歯科治療をやさしくサポート。

歯科診療補助

歯科医師が行う治療がスムーズに進むよう、器具や薬剤などの準備と管理を行います。また受付事務や各種の情報管理など、患者さんに関わるさまざまな業務を行います。

結婚しても、子どもが生まれても続けられる仕事です。

上のグラフをご覧ください。活躍している歯科衛生士の年齢は、20代から50代まで、バランスよく分かれ、30歳以上の割合も全体の7 0 % 近くになっています。
仕事を長く続けたいと望んでも、女性の人生は結婚や出産といった大きな変化を伴います。そして一般的な仕事の場合、一度職場を離れると、再就職はなかなか難しいものです。
しかし、国家資格に裏打ちされた専門職である歯科衛生士の場合、再就職の機会が多く、家庭や子育てと両立しながら活躍する女性がたくさんいます。歯科衛生士は、生涯にわたって活躍することができる「一生の仕事」なのです。

フッターメニュー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

Copyright (c) 2017 名古屋ユマニテク歯科製菓専門学校 歯科衛生学科