実習

歯科衛生学科

一般歯科から、小児歯科や矯正歯科、審美歯科など、歯科医療は多様化の一途をたどります。
さらに在宅診療などのニーズを増す福祉分野もあり、歯科衛生士の活躍の場は、今も広がり続けています。
そこで本校では、どんな場面でも対応しうる高い専門知識と卓越した技術を習得。
常に向上心を持ち、前向きに努力し続け、末永く活躍できる歯科衛生士の素養を身につけます。

ユマニテクが目指す学び

歯科衛生士に求められるのは、歯科医療の専門知識や技術だけではありません。
患者さんをはじめ、歯科医師や院内のスタッフなど、多くの人たちと接し、信頼され活躍するには、豊かな人間性と確かな専門技術が必要となります。
そのふたつを合わせ持つ歯科衛生士を育てています。

福祉分野にも対応。
さらに食生活指導まで。

歯科衛生士の仕事は、歯科医院にとどまりません。たとえば、在宅や福祉施設などでの歯科診療など、福祉の分野で活躍する機会も増えています。また健康な毎日を送るための食生活指導も期待される分野。本校では食文化や食品衛生についても学び、「食生活アドバイザー®」の検定取得も推奨しています。

設備の整ったキャンパスは、
名古屋駅から徒歩5分。

市内はもちろん、愛知県内・県外からも通学しやすい名古屋駅。そこから徒歩5 分の本校は、都心とは思えない静かで落ち着いた雰囲気です。
そして8 階建ての校舎には、先端の歯科医療設備を用意。規定数の倍にもおよぶ歯科診療台など、一人ひとりがしっかり実習できる環境が整っています。

スペシャリストになるために

末永く活躍できる歯科衛生士であるために。

医療はもちろん、保健、福祉の現場においても活躍する歯科衛生士の役割は、ますます大きくなっています。そんな期待に応えるには、専門知識・技術の向上だけでなく、スペシャリストとしての高い職業意識が求められます。歯科衛生士の国家試験に合格すること、就職することで満足することなく、常に向上心を持ち続けること。そして卒業後も進化し続け、末永く活躍できる歯科衛生士を育てたいと考えています。

授業時間

  • 1時限目 ― 9:30~11:00
  • 2時限目 ― 11:10~12:40
  • 3時限目 ― 13:30~15:00
  • 4時限目 ― 15:10~16:40

余裕を持った始業時間のため、通勤・通学ラッシュなどに巻き込まれず、通学も快適です。

カリキュラム

  1年次 2年次 3年次
基礎分野 からだの仕組み
生命科学
心理学
英語
レクリエーション健康スポーツ
基礎教養学
 
専門基礎分野 解剖学・口腔病理学
生理学・病理学
生化学・微生物学
口腔解剖学・薬理学
歯牙解剖・栄養学
歯牙デッサン・組織・発生学
口腔衛生学I・口腔衛生学II
口腔生理学
  歯科衛生統計
衛生行政・社会福祉
衛生学・公衆衛生学
専門分野 歯科衛生士概論
歯科臨床概論
保存修復
歯内療法
歯科予防処置論I・II
歯科保健指導論I・II
歯科診療補助論I・II
歯科材料
歯周療法
歯科補綴学
口腔外科・麻酔
小児歯科学
高齢者歯科学
障害者歯科学
歯科矯正学
歯科予防処置論III・IV
歯科保健指導論III・IV
食生活指導
歯科診療補助論III
放射線学
臨床・臨地実習I
歯科予防処置論V
歯科保健指導論V
歯科診療補助論IV
臨床・臨地実習II
選択必修分野 ライフデザインI ライフデザインII
歯科総合演習
ライフデザインIII
歯科総合基礎講座
(国家試験対策)

授業紹介

ほとんどの人が初めてとなる歯科衛生の学び。
そこで本校では座学も実習も、基礎から応用へ無理なくステップアップ。
高校で理科系の科目を学んでいない人でも大丈夫なように工夫しています。

専門科目

1年次 基礎実習

患者さんに見立てたマネキンで基礎的な訓練を行います。たとえば、歯石をとるスケーリングでは、歯の形や場所によって、使うスケーラーはもちろん、持ち方や動かし方も異なります。
適切な器具を選び、自然に身体が動くように繰り返し練習していきます。

2年次 歯科放射線実習

歯科医療におけるレントゲン撮影の準備業務も実習。レントゲンの理論だけではなく、実際に機器にふれ、実習することで実践力を養います。また最近、多くの歯科医院で導入が進んでいるデジタルエックス線装置も導入済み。最新の設備において実習が可能です。

2年次 相互実習

歯科医院と同じ診療台を使った訓練がスタートします。学生は3 人1 組で相互に患者役となり実習。その内容は、11月から始まる臨床実習に備えたより実践的なものです。(歯と歯茎の間の隙間を確認する歯周ポケット測定など、歯科医療の現場を想定してトレーニングを続けていきます。)

特別実習

多目的超音波器具実
緊急蘇生実習
ホワイトニング実習
音波歯ブラシ実習

本校独自の科目

ライフデザイン

本校独自となる特徴的な科目が「ライフデザイン」です。豊かな食生活を実現する「製菓・製パン」から、美しい字を身につける「硬筆書写」、さらには「フラワーアレンジメント」や「アロマテラピー」などで患者さんを癒やす方法、その他「手芸」を学ぶなど、一人の女性としての魅力を磨くための授業を多彩に展開しています。

食生活アドバイザー®資格

近年、歯科衛生士の保健指導は歯磨き指導だけではなく、お口の健康に繋がる「食事の食べ方、取り方」「飲み物の取り方」「食育」などの指導が求められるようになっています。資格取得のための科目もあり、検定合格を支援します。

臨床・臨地実習

臨床実習

歯科医院、歯科診療所、病院の口腔外科の患者さんに行う実習です。歯科衛生士としての技術を磨くのはもちろん、社会人としての常識、医療人としての自覚を身につけ、さらなる向上を目指します。

■歯科医院・病院では
予防処置法から、歯石除去、口腔衛生指導、診療補助・介助など、一通りの業務を学びます。
患者さんと接するため、接遇などのマナーも磨かれます。

ここがPoint
ひとつの医療機関では約2ヶ月間の実習を実施。ひとりの学生は5ヶ所の医療機関で実習し、その中には就職につながるケースもあります。

臨地実習

幼稚園から、小学校、養護学校、保健所、そして社会福祉施設などで行う実習です。本校で学んだ歯科衛生の知識や技術をお伝えしながら、お口の健康づくりをお手伝い。歯科保健指導の素養を養います。

■幼稚園や福祉施設では
幼児からお年寄りまで幅広い方々を対象に、集団衛生教育、口腔ケア、口腔機能訓練などを実施します。たくさんの方とふれあうことで、仕事のやりがいも実感できます。

ここがPoint
ひとりの学生が訪れる実習先は7ヶ所にも上ります。多くの現場を経験することで、実践力が身につくだけでなく、将来のイメージも広がります。

フッターメニュー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

Copyright (c) 2017 名古屋ユマニテク歯科製菓専門学校 歯科衛生学科